森岡亜由美

中学生のとき、いきなり憑依体験をしたことをきっかけに霊媒体質となり、5年間で100体以上の霊に体を貸して思いを語らせ、成仏を手助けする。
高校時代に人の生死にかかわる予知をしてしまったことで、「目に見えない世界からの情報を正しく取り扱うには人生経験や人間性が問われる」と感じ、能力を閉じる。
 
その後、心理や癒しに興味を持つようになり、大学卒業後にアロマテラピーと出会い、講師となる。
2000人以上の生徒に教える中で、1対1で心と向き合う仕事もしたいと感じるようになったことから、封印していた能力を使ったメ