福島千種☆三昧琴奏者&「スペースU」ディレクター

福島千種(ふくしまちぐさ)

サウンドセラピスト。三昧琴奏者。

2006年、家族の闘病をきっかけに、それまでの20年近く生業としていた映像ディレクター兼ライターからセラピストに転身。米国エサレン研究所にて取得したカリフォルニア州認定マッサージセラピスト、同じく米国SomaEnergetics™認定の音叉セラピストとして活動をスタートする。2008年には目黒区祐天寺駅からほど近いサロン「スペースU」をオープン。自らが提供する個人セッションの他に、全国から多彩な講師を招いての講座やイベントを多数企画・開

記事一覧(4)

6/22(火)三昧琴演奏と「おと瞑想」京都式部会Presents 「大人の知的旅」

夏至の翌日に開催するのは、THE観光地の京都とは少し違う、お忍び気分を味わえるような素敵な会場での大人のイベントです。 2014年、2016年と続けてニューヨークで演奏の場をご提供いただいた「NY式部会」。 現在は、主催の青木理恵さんが日本に帰国され鎌倉を拠点に新しく「北鎌倉りえずむ式部会」として素晴らしいイベントが開催されています。 その、式部会を古都・京都でも…ということで「大人の知的旅 ~五感に響く上質なひととき~」をテーマに主催の青谷さんが立ち上げたのが「京都式部会」です。 今回はその「京都式部会」にお招きいただき歴史を感じさせる素晴らしい舞台で三昧琴の演奏とサウンド瞑想のワークショップを開催させていただく運びとなりました。静かな環境の中で三昧琴の響きとともに過ごす「おと瞑想」ワークショップを通してそれぞれの心の中に平安を呼び戻し2018年の下半期、ひいてはこれからの未来に想いを馳せるそんな時間を皆様と一緒に創ることが出来たらと考えております。 【夏の京都式部会】「大人の知的旅 ~五感に響く上質なひととき~」6月のテーマ「わたしと世界の周波数を感じる 【おと瞑想】」ひとつの響きに耳を傾け、自分の体の隅々までを丁寧に観じる【おと瞑想】。今回、この瞑想に用いる日本生まれの楽器・三昧琴(ざんまいきん)はひとつひとつが手作りで作られているチタン製の鐘です。その名前に三昧(ざんまい)という言葉を持つ通り、目を閉じて、その響きに耳を傾けていると、頭の中の忙しいざわめきや考え事などが静まり凪(なぎ)の状態を呼び戻すことができます。また、誰もが一人一人、自分自身の振動(周波数)を持っています。内側の静けさを取り戻すとその人が本来お持ちのご自身の周波数(言い換えると、その人の中心軸)を思い出すことでしょう。そして、内側の周波数を思い出すと自分を取り巻く外側の世界との新しい共鳴が始まります。この【おと瞑想】ワークショップでは、三昧琴の響きに耳を傾けるワークを通してご自身や周りの世界と繋がる新しい視点を見出すお手伝いをさせていただきます。